本文へ

製品情報>総合サポート>画像管理ソフトウェア“プレイメモリーズ ホーム”サポート >操作方法>動画を編集する

画像管理ソフトウェア “PlayMemories Home” サポート

ページに関するアンケート
お客様の声

動画を編集する

このページでは、パソコンで”PlayMemories Home”を使い、動画を編集する方法をご説明します。
本ページでは、”PlayMemories Home”バージョン3.0.*でご説明します。

  • 基本操作
    「基本操作」のアイコン
    ”PlayMemories Home”で編集をする際の基本操作になります。
    これさえ覚えてしまえば直感で編集がおこなえます。
    初めての方は、こちらからご覧ください。
    詳しい操作手順を見る
  • 動画の必要な部分を切りだす
    「動画の必要な部分を切りだす」のアイコン
    動画から必要な部分だけを切り取り、新しい動画として保存することができます。
    不要な部分をカットするならこの方法がおすすめ!
    詳しい操作手順を見る
  • 動画を結合する
    「動画を結合する」のアイコン
    複数の動画を1つの動画に結合して、新しい動画として保存することができます。
    旅行で撮影した動画を1つにまとめたりすることができます。
    詳しい操作手順を見る
  • 動画から静止画を切りだす
    「動画から静止画を切りだす」のアイコン
    パソコンに取り込んだ動画から、好きな部分を静止画として保存することができます。
    小さいお子様の動きが予測できずシャッターチャンスがない方におすすめ!
    詳しい操作手順を見る
  • MP4に変換して保存
    「MP4に変換して保存」のアイコン
    汎用性が高く、Webアップロードやファイルの移動、コピーが簡単にできます。
    マルチビューを作成する場合にもMP4に変換が必要です。
    詳しい操作手順を見る
  • マルチビューを作成
    「マルチビューを作成」のアイコン
    2つの動画を1画面で同時に表示させて、新しい動画として保存することができます。
    また、アクションカム HDR−AS30Vで撮影した動画の場合、スピードや移動時間、移動距離、 軌跡などのGPS情報を表示させることもできます。
    詳しい操作手順を見る

詳しい操作方法については、本ページの操作手順をご覧ください。

操作手順

「基本操作」のアイコン基本操作

  1. step1画面右上にある[ツール]を選択してから[画像の編集]を選択します。

    画面サイズによって、すべてのツールが表示されていない場合があります。
    その場合は、スクロールをして目的のツールを表示させてください。

  2. step2編集メニューから目的の作業を選択します。

  3. step3編集したい動画を選び、右側のエリアへドラッグ&ドロップし[次へ]を選択します。

    編集内容によって複数の動画を移動できます。

    ドラッグ&ドロップの操作方法
    タッチパネルで操作する場合
    移動させたいファイルを指で長押しして、指を離さずそのまま移動させます。(ドラッグ)
    目的の場所までファイルが移動したら指を離します。(ドロップ)
    マウスやタッチパッドで操作する場合
    移動させたいファイルやの上で左クリックをします。
    指を離さず押し続けたまま移動させます。(ドラッグ)
    目的の場所までファイルが移動したら指を離します。(ドロップ)
    静止画や動画の詳細な情報を確認する方法

    基本的な操作方法の説明は以上となります。
    右側の「▲ページトップへ」を押すとページの上部へ移動します。
    引き続き、それぞれの編集手順をご覧ください。

ページトップへ

「動画の必要な部分を切りだす」のアイコン動画の必要な部分を切りだす

パソコンに取り込んだ動画から必要な部分だけを切り取り、新しいファイルとして保存することができます。

  1. step1[画像の編集]メニューから[ビデオの切り出し]を選択します。

    編集したい動画を選び、右側のエリアへドラッグ&ドロップし[次へ]を選択すると編集画面が表示されます。

  2. step2IN点(開始点)IN点(開始点)/OUT点(終了点)OUT点(終了点)を直接動かすか、 再生しながら[IN点に設定]ボタン、[OUT点に設定]ボタンで残したい部分を設定します。

    微調整をする場合は、編集画面の右側にあるコマ送り/戻しボタンを使います。(押すごとに00:01秒ずつ前後します)

  3. step3残したい部分が決定したら[編集した動画を保存]を選択します。

    確認画面が表示されるので、任意でファイル名を変更して[保存]を選択します。
    元の動画ファイルを残したまま、同じ場所に保存されます。

    動画の必要な部分を切りだす操作手順は以上となります。

ページトップへ

「動画を結合する」のアイコン動画を結合する

複数の動画を1つの動画に結合する(まとめる)ことができます。

ご注意
  • 結合できるのは、AVCHD形式またはMPEG-2形式、MP4形式のビデオのみです。
    それぞれ同じ形式のビデオ同士のみ結合できます。
  • AVCHD形式のビデオ間においてもフレームレートが異なる場合は結合できません。
  • MP4形式のビデオ間においてもコーデック、画像サイズ、フレームレート、ビットレートが異なる場合は結合できません。
  • 60p形式と50p形式のビデオなど、NTSCとPALの組み合わせでは結合できません。
ビデオ形式   MPEG-2 AVCHD MP4
60i/50i形式 24p/25p
形式
60p/50p
形式
3D形式
  録画モード HQ/SP/LP FX/FH FX/FH以外 FX/FH PS 3D
MPEG2 HQ/SP/LP
AVCHD 60i/50i
形式
FX/FH *1 *2
FX/FH以外 *1 *2
24p/25p
形式
FX/FH
60p/50p
形式
PS
3D形式 3D *2 *2
MP4 *3

*1 結合後、ビデオのサイズは1920×1080となります。
ただし、選んだビデオによっては、1920×1080にならない場合もあります。変換には時間がかかります。

*2 結合後はAVCHD 60i/50i形式になります。再エンコードには時間がかかります。

*3 結合後の合計サイズが4GBをこえる変換はおこなえません。

  1. step1[画像の編集]メニューから[ビデオの結合]を選択します。

    ※ここでは例として3つの動画を1つに結合します。
    編集したい動画を選び、右側のエリアへドラッグ&ドロップして[次へ]を選択すると編集画面が表示されます。

    確認後に[結合する]を選択します。
    元の動画ファイルを残したまま、先頭の動画が保存されている場所に保存されます。

    動画を結合する操作手順は以上となります。

ページトップへ

「動画から静止画を切りだす」のアイコン動画から静止画を切りだす

パソコンに取り込んだ動画から、好きな部分を静止画として保存することができます。

  1. step1[画像の編集]メニューから[ビデオから写真を保存]を選択します。

    編集したい動画を選び、右側のエリアへドラッグ&ドロップして[次へ]を選択すると編集画面が表示されます。

    スライドバーを動かして切り出したい部分を表示します。
    微調整をする場合は、コマ送り/戻しボタンを使います。(押すごとに00:01秒ずつ前後します)

    [保存]ボタンを選択します。
    元の動画ファイルを残したまま、同じ場所に保存されます。

    動画から静止画を切りだす操作手順は以上となります。

ページトップへ

「MP4に変換して保存」のアイコンMP4に変換して保存

MP4に変換して新しい動画ファイルとして保存することができます。

  1. step1[画像の編集]メニューから[MP4に変換して保存]を選択します。

    変換したい動画を選び、右側のエリアへドラッグ&ドロップして[次へ]を選択すると確認画面が表示されます。

    画質を選び、任意で保存場所を指定して[変換開始]ボタンを選択すると変換作業が始まります。
    元の動画ファイルを残したまま、選んだ場所に保存されます。

    ご注意

    MP4変換した動画ファイルは、Videos(ビデオ)フォルダーへ保存されます。

    ”PlayMemories Home”でVideos(ビデオ)フォルダーの登録をされていない場合、 MP4変換した動画ファイルが”PlayMemories Home”の画面内で表示されません。

    必要に応じて[参照]ボタンから保存先をPictures(ピクチャー)フォルダーへ変更してください。

    MP4に変換して保存の操作手順は以上となります。

ページトップへ

「マルチビューを作成」のアイコンマルチビューを作成

2つの動画を1画面で同時に表示させて、1つの動画ファイルとして保存できます。

また、アクションカム HDR−AS30Vで撮影した動画の場合、スピードや移動時間、移動距離、軌跡などのGPS情報を表示させることもできます。

マルチビューの作成例 (ハンディカムで撮影した動画)
HDR-PJ630V
[A:2歳]+[B:3歳]=[同じ構図で子供の成長を1つの動画に]
[A:旅行で撮影した動画]+[B:帰宅後の上映会を撮影]=[旅行の思い出と上映会の様子を1つの動画に]
マルチビューの作成例 (1台のアクションカム HDR−AS30Vで撮影した動画)
HDR-AS30V
[A:前方を撮影]→[スピードや軌跡情報を加えた迫力ある動画に]
マルチビューの作成例 (2台のアクションカム HDR−AS30Vで同時撮影した動画)
HDR-AS30V
[A:前方を撮影]+[B:周囲を撮影]=[2つの動画を1画面に表示させてマルチビュー]
  1. step1マルチビューで使用する動画を事前に”PlayMemories Home”でMP4へ変換しておきます。

    操作方法については、本ページの「MP4に変換して保存」をご覧ください。

  2. step2[画像の編集]メニューから[マルチビューを作成]を選択します。

    編集したい動画を選び、右側のエリアへドラッグ&ドロップして[次へ]を選択すると確認画面が表示されます。

    このとき、アクションカム HDR−AS30Vで撮影した動画の場合は1つ、もしくは2つの動画を選択してください。 その他のカメラ、またはスマートフォン等で撮影した動画は、2つの動画を選択してください。

    ワンポイント
    ドラッグ&ドロップした際にメッセージが表示される場合

    MP4には、様々なコーデックがあるため、 他社製カメラやスマートフォン等で撮影した MP4動画など、ソニーのカメラで撮影したMP4以外の動画を選択した際に、コーデックの違いによって、以下のメッセージが表示される場合があります。

    「選択したビデオはマルチビューで扱えないビデオです。」

    この場合は、”PlayMemories Home”で該当の動画をMP4へ変換後に再度お試しください。

    アクションカム HDR−AS30Vで撮影した動画を選択する場合

    アクションカム HDR−AS30Vで撮影した動画に、スピードや移動時間、移動距離、軌跡などのGPS情報を表示させる場合は、選択する動画に以下のマークがついていることをご確認ください。

    • GPS位置情報付きの画像
    • アクションカム軌跡情報
  3. step3ここでは例として、ハンディカムで撮影した動画2つを使ってご説明します。

    マルチビューの作成画面が表示されたら、表示方法を選択します。
    A/Bの動画を入れ替える場合は、入れ替えのボタンを押します。
    必要に応じて、左右反転して再生、A/Bどちらの音声を使用するか決めます。

  4. step4[再生開始位置を調整]にチェックが入っていると、A/Bの動画再生位置の変更、再生時間の変更が自動でおこなわれます。 事前にA/Bの動画再生タイミングを編集している、または不要な場合はチェックを外してください。

    [保存]ボタンを選択すると編集作業が始まります。 元の動画ファイルを残したまま、Aの動画の保存場所に保存されます。

    マルチビューを作成する操作手順は以上となります。

PlayMemories Homeで思い出をもっと楽しみましょう。

ページトップへ
ページトップへ