目次

2. 接続・画像の取り込み

キャプション編集や、FTPサーバーへの転送など、本アプリケーションで操作するためには、あらかじめ対象の画像をスマートフォンに取り込んでおく必要があります。

取り込み時に、事前に作成したIPTCメタデータを一括で追加するには(Android での Imaging Edge Mobile 連携による場合以外)

取り込み前に、[設定]→[取り込み時にIPTCメタデータを埋め込み]で、追加したいIPTCメタデータを選択してください。詳しくは「3.3. IPTCメタデータプリセット追加」を参照してください。

撮影しながらスマートフォンへの転送をおこなうには(FTPバックグラウンド転送)

「2.1. FTPで取り込む」の方法で取り込んでください。

ご注意:

  • スマートフォンに取り込んだ画像は内蔵メモリに保存されます。スマートフォン内のカードに保存することはできません。
  • 画像を取り込む際、画像サイズの変更はできません。オリジナル画像が転送されます。

2.1. FTPで取り込む

カメラの[FTP転送機能]で、Transfer & Tagging add-onがインストールされているスマートフォンに画像を転送します。

2.1.1. 取り込み方法の選択

FTPで画像取り込みをおこなうには、ワイヤレスで取り込む方法(Wi-Fi、Wi-Fiテザリング/インターネット共有)と、有線で取り込む方法(USBテザリング、イーサーネットテザリング)があります。取り込み方法により、操作方法が異なります。

  • ここでの説明は、カメラの本体ソフトウェアを最新版にした状態での説明をしています。
Wi-Fiテザリング/インターネット共有

スマートフォンのテザリング機能/インターネット共有機能を使用して接続します。

Transfer & Tagging add-on
(FTPサーバーとして動作する)

  1. カメラとスマートフォンをテザリング(Android)/ インターネット共有(iOS)で接続しておきます。
    • スマートフォン:テザリング/インターネット共有に設定します。
    • カメラ:MENU → (ネットワーク)→[Wi-Fi]/[Wi-Fi設定]でスマートフォンに接続します。
  2. カメラのMENU → (ネットワーク)→([転送/リモート])→[FTP転送機能]より、以下の項目を選択します。(ILCE-7RM3A/7RM3を除く)
    • [FTP機能]:[入]
    • [FTP接続方式](一部のカメラのみ搭載):[Wi-Fi]
Wi-Fi(アクセスポイント経由)

Wi-Fiネットワーク(アクセスポイント)を使用して接続します。

Transfer & Tagging add-on
(FTPサーバーとして動作する)

  1. カメラのMENU → (ネットワーク)→[Wi-Fi]/[Wi-Fi設定]で、カメラをスマートフォンと同じアクセスポイントに接続します。
  2. カメラのMENU → (ネットワーク)→([転送/リモート])→[FTP転送機能]より、以下の項目を選択します。(ILCE-7RM3A/7RM3を除く)
    • [FTP機能]:[入]
    • [FTP接続方式](一部のカメラのみ搭載):[Wi-Fi]
USBテザリング

スマートフォンのテザリング機能/インターネット共有機能を利用して、USBケーブルで接続します。

対応カメラ:ILCE-1, 7SM3, 7M4
対応スマートフォン:USB Power Delivery (PD) 対応スマートフォンのみ 動作確認済みスマートフォン

USBケーブルで接続

Transfer & Tagging add-on
(FTPサーバーとして動作する)

  1. カメラのMENU → (ネットワーク) →[転送/リモート]→[FTP転送機能]より、以下の項目を選択しておきます。
    • [FTP接続方式]:[USBテザリング]
    • [FTP機能]:[入]
  2. カメラとスマートフォンをUSBケーブルで接続します。
    • 変換アダプターを介さず、1本のケーブルで接続する必要があります。
イーサーネットテザリング(Android 11以降のみ)

スマートフォンのテザリング機能/インターネット共有機能を利用して、LANケーブルで接続します。

対応カメラ:ILCE-1, 9M2, 9, 7SM3, 7M4

イーサーネットケーブルで接続

Transfer & Tagging add-on
(FTPサーバーとして動作する)

  1. カメラのMENU → (ネットワーク) →([転送/リモート])→[FTP転送機能]より、以下の項目を選択しておきます。
    • [FTP接続方式]:[有線LAN]
    • [FTP機能]:[入]
  2. カメラとスマートフォンをLANケーブルで接続します。
    • スマートフォン側にUSB変換アダプターが必要です。ILCE-7SM3/7M4の場合はカメラ側にも必要です。

2.1.2. FTP取り込み設定のカメラへの書き込み

Transfer & Tagging add-onのFTP設定をカメラに書き込みます。カメラによってできることや操作方法が異なります。

ILCE-1/7MS3/7M4

Bluetoothを利用して、Transfer & Tagging add-onのFTP取り込み設定をカメラに書き込むことができます。カメラ側に入力する手間が省けます。

  • Imaging Edge Mobileの[位置情報連動]が[入]の場合はこの機能は使用できません。あらかじめ[切]にしてください。
  1. Camera
    1. MENU → (ネットワーク)→[Bluetooth]→[Bluetooth機能]→ [入]にする。
  2. Smartphone
    2. メニュー[]→[取り込みガイド]を選択し、2.1.1を参考に希望の取り込み方法を選択する。
  3. Smartphone
    3. ホスト名やポート番号などが表示されたら、[カメラに書き込む]をタップする。
  4. Smartphone
    4. 初めて接続する場合や新しいカメラを接続する場合は、[新しいカメラ] を選んで[開始]をタップする。
    • 前回と同じカメラと接続する場合は、カメラと書き込み先サーバーを選んで[開始]をタップしてください(前回書き込んだサーバーがあらかじめ選択されています)。以下5~8の操作は不要です。
  5. Camera
    5. MENU → (ネットワーク)→[Bluetooth]→[ペアリング]を選択する。
  6. Smartphone
    6. 接続するカメラの横に[ペアリング]と表示されるので、それをタップする。
  7. Camera
    7. [この機器からの接続を許可しますか?]と表示されるので、[確認]を押す。
    • ペアリングが開始され、カメラのFTPサーバー設定が表示されます。9個まで保存できます。
  8. Smartphone
    8. 使用されていないサーバーを保存先として選択する。
    • FTPサーバー設定がカメラに保存されます。

ヒント:

  • Bluetoothによるカメラへの書き込み機能を使わずに、FTP取り込み設定を手動入力することもできます。ILCE-9の方法を参考にしてください。
ILCE-9M2/7M3/7C

Bluetoothを利用して、Transfer & Tagging add-onのFTP取り込み設定をカメラに書き込むことができます。カメラ側に入力する手間が省けます。

  • Imaging Edge Mobileの[位置情報連動]が[入]の場合はこの機能は使用できません。あらかじめ[切]にしてください。
  1. Camera
    1. メニュー →[ネットワーク2]→[Bluetooth設定]→[Bluetooth機能]→[入]にする。
  2. Smartphone
    2. メニュー[]→[取り込みガイド]を選択し、2.1.1を参考に希望の取り込み方法を選択する。
  3. Smartphone
    3. ホスト名やポート番号などが表示されたら、[カメラに書き込む]をタップする。
  4. Smartphone
    4. 初めて接続する場合や新しいカメラを接続する場合は、[新しいカメラ] を選んで[開始]をタップする。
    • 前回と同じカメラと接続する場合は、カメラと書き込み先サーバーを選んで[開始]をタップしてください(前回書き込んだサーバーがあらかじめ選択されています)。以下5~8の操作は不要です。
  5. Camera
    5. メニュー →[ネットワーク2]→[Bluetooth設定]→[ペアリング]を選択する。
  6. Smartphone
    6. 接続するカメラの横に[ペアリング]と表示されるので、それをタップする。
  7. Camera
    7. [この機器からの接続を許可しますか?]と表示されるので、[確認]を押す。
    • ペアリングが開始され、カメラのFTPサーバー設定が表示されます。9個まで保存できます。
  8. Smartphone
    8. 使用されていないサーバーを保存先として選択する。
    • FTPサーバー設定がカメラに保存されます。

ヒント:

  • Bluetoothによるカメラへの書き込み機能を使わずに、FTP取り込み設定を手動入力することもできます。ILCE-9の方法を参考にしてください。
ILCE-9/7RM4A/7RM4

FTPサーバー設定をカメラに入力します。

  1. Smartphone
    1. メニュー[]→[取り込みガイド]を選択し、2.1.1を参考に希望の取り込み方法を選択する。
  2. Smartphone
    2. ホスト名やポート番号などが表示された画面にする。
  3. Camera
    3. スマートフォンに表示された情報を含め、FTP転送設定をカメラに入力する。
    メニュー →[ネットワーク1]→[FTP転送機能]を選択する。

    [ページ1]

    • [FTP機能]→[入]
    • [FTP接続方式]→[Wi-Fi](ILCE-9のみ)
    • [サーバー設定]→接続するサーバーを9個の中から指定し(センターボタン押す)、選択したサーバーの詳細設定を行う(右ボタン押す)。
    • [転送先設定]→1 ホスト名/2 ポート番号:Transfer & Tagging add-on 画面に表示されている内容を入力する。[セキュアプロトコル]→[切]
    • [フォルダー設定]
    • [ユーザー設定]→3 ユーザー名/4 パスワード:Transfer & Tagging add-on 画面に表示されている内容を入力する。

    [ページ3]

    • [RAW+J転送対象]→[JPEGのみ]
    • [FTPパワーセーブ]→[切]
  4. Camera
    4. FTP転送を実行する。

    メニュー →[ネットワーク1]→[FTP転送機能]→[FTP転送]を選択する。
    [対象範囲][対象画像」[転送状態]をそれぞれ確認・設定のうえ、[確認]を選択し転送を開始する。
    転送中は、Transfer & Tagging add-on の[FTP■]の緑サインが点滅する

ILCE-7RM3A/7RM3

FTPサーバー設定をカメラに入力します。

  1. Smartphone
    1. メニュー[]→[取り込みガイド]を選択し、2.1.1を参考に希望の取り込み方法を選択する。
  2. Smartphone
    2. ホスト名やポート番号などが表示された画面にする。
  3. Camera
    3. スマートフォンに表示された情報を含め、FTP転送設定をカメラに入力する。
    メニュー →[ネットワーク1]→[FTP転送機能]→FTP Server1, 2, 3の中から、サーバーを選択する。
    • [転送先設定]→1 ホスト名/2 ポート番号:Transfer & Tagging add-on 画面に表示されている内容を入力する。
      [セキュアプロトコル]→[切]
      instruction_114_b.png
    • [ユーザー設定]→3 ユーザー名/4 パスワード:Transfer & Tagging add-on 画面に表示されている内容を入力する。
  4. Camera
    4. FTP転送を実行する。

    メニュー →[ネットワーク1]→[FTP転送機能]→[FTP転送]を選択する。

ヒント:

  • FTPによる画像取り込みができるのは、静止画のオリジナルサイズです。
  • [設定]→[FTP取り込みの共通設定]で、ポート番号等を変更できます。必要に応じて設定を変更してください。
  • FTP取り込みで取り込んだ画像の履歴は、以下で確認できます。
    メニュー[]→[FTP取り込み履歴]

ご注意:

  • テザリング/インターネット共有接続の場合、一定時間操作をおこなわないと切断されます。その場合、再度接続をおこなってください。
  • iOS版ご使用の場合、FTP取り込み中は Transfer & Tagging add-on を常にフォアグラウンドにしておき、他のアプリケーションの操作は行わないでください。

2.1.3. FTP取り込みで画像を取り込む

FTPで取り込む場合は、撮影したすべての画像を撮影中に自動的に取り込む方法(FTPバックグラウンド転送)と、撮影後に画像を選んで取り込む方法の2つが可能です。

  • ILCE-7RM3A/7RM3にはバックグラウンド転送機能はありませんので、撮影後に取り込んでください。

撮影中に画像を自動的に取り込む

  1. カメラをあらかじめ以下の通り設定します。
    ILCE-1, 7SM3:
    MENU → (ネットワーク)→[転送/リモート]→[FTP転送機能]→[撮影時自動転送]→[入]
    ILCE-9M2, 9, 7RM4A, 7RM4, 7C, 7M3:
    MENU → (ネットワーク)→[FTP転送機能]→[撮影時自動転送]→[入]
    ILCE-7M4:
    MENU → (ネットワーク)→[転送/リモート]→[FTP転送機能]→[FTP自動転送]→[入]
  2. FTPの接続後、撮影します。

撮影後に画像を取り込む

  1. カメラのMENU → (ネットワーク)→([転送/リモート])→[FTP転送機能]→[FTP転送]を選択します。
  2. 転送する画像を指定して、[確認]を選択します。

FTP接続状況の見かた

FTPサーバー(スマートフォン)停止中

FTPサーバー(スマートフォン)起動中:FTP取り込み中は点滅

接続エラー:一定時間、無線接続状態が回復しない場合、FTPサーバー停止状態に戻る


この部分をタップすると、転送方法を切り替えることができます。

誤操作防止(iOSのみ)
FTP画像取り込み中など、画面に触れて誤動作をしないよう画面操作をロックできます。ロックボタンをタップしてください。

2.2. USBマスストレージ接続で取り込む

カメラをマスストレージデバイスとしてUSBケーブルで接続して取り込みます。お使いのスマートフォンによって、必要なケーブルや操作方法が異なります。

2.2.1. Androidをお使いの場合

USBマスストレージ接続をおこなうには、以下の機材が必要です。

  • USB Host 機能, USB-C端子, Mass Storage Class サポート機種
  • カメラに入れるSDカード:64GB以上のカードを使用する場合、exFATフォーマットされていること。
  • microSDXCに未対応のスマートフォンなどではご利用いただけない場合があります。
  • 動作可能なモバイル機器は、「動作確認済みモバイル機器」ページを参照ください。

接続端子とケーブルについて

  • カメラ側は、USB Type-C端子またはマルチ/マイクロUSB端子で接続してください。ILCE-9にはUSB Type-C端子がないので、マルチ/マイクロUSB端子をお使いください。
  • 画像の入ったSDカードをSDカードリーダーに挿入し、SDカードリーダーとスマートフォンを接続して取り込むこともできます。
  • USBマスストレージ接続で取り込んだ画像は、常に内蔵メモリに保存されます。
  1. メニュー[]→[取り込みガイド]→[有線で取り込む]→[USBマスストレージ接続]を選択する。
  2. SDカードをカメラのスロット1に挿入し、1枚以上撮影する。
    • スロット2ではTransfer & Tagging add-onが認識しません。
  3. カメラを以下の通りに設定する。

    ILCE-7M4の場合
    あらかじめ、カメラとスマートフォンが接続されていないことを確認します。

    • MENU → (ネットワーク)→[転送/リモート]→[PCリモート機能]→[PCリモート]→[切]
    • MENU → (セットアップ)→[USB]→[USB接続モード]→[マスストレージ(MSC)]
    • MENU → (セットアップ)→[USB]→[USB LUN設定]→[シングル]
    • MENU → (セットアップ)→[USB]→[USB給電]→[切]

    その他のカメラの場合

    • MENU →(ネットワーク)→[スマートフォン操作設定]→[切]
    • MENU →(セットアップ)→[USB接続]→[マスストレージ]
    • MENU →(セットアップ)→[USB LUN設定]→[シングル]
    • MENU →(セットアップ)→[USB給電]→[切]
  4. カメラとスマートフォンをUSBケーブルで接続する。
  5. カメラ内のメモリーカード[Sony製USBドライブ]* を選択する。

    * お使いの端末により文言は異なる場合があります。

    • 以下の通りメモリーカードの中が表示されたら、それ以下の階層には進まずに、アクセスを許可するか、[選択]をタップしてください。
  6. 以下の通り、USBマスストレージ取り込みの設定をおこなう。
    • 初期設定では、接続するとTransfer & Tagging add-onが自動で起動し、プロテクトがかかった画像のみ自動で取り込みを開始します。
    • メニュー[]→[設定]→[取り込み]より、以下の変更が可能です。
      USB取り込み
      • 自動起動:オンまたはオフ *1
      • 自動取り込み:オンまたはオフ
      • 取り込み対象:[すべての写真]または[一部の写真] *2

      *1 Android 10以降のスマートフォンでは、自動起動[オフ]で固定されます。手動で起動してください。

      *2 一部の写真の場合は、[プロテクト]または[音声メモ付与]を選んでください。両方選んだ場合はどちらかに該当していれば取り込まれます。

      USB接続状況の見かた
      • 1
        • カメラ未接続
        • カメラ接続中、画像取り込み中は点滅
      • 2この部分をタップすると、転送方法を切り替えることができます。
  7. [USB取り込み]内の[自動取り込み]をオフにした場合は、以下の通りに画像を選択して取り込む。

    接続が完了すると、以下の画面が表示されます。

    A カメラでプロテクトされている画像だけを表示する時はここに✔を入れる
    B 白背景 未取り込み画像
    C 黒背景 取り込みが完了した画像
    D(黒矢印) 画像取り込み待機中
    E(緑矢印) カメラからスマートフォンへ画像取り込み中
    F 画像取り込み対象外 *1
    G カメラでプロテクトされている画像 *2

    *1 自動取り込み設定がオフの場合はすべての画像に表示されます。また、自動取り込み設定がオンで、取り込み対象を[プロテクトのみ]にしている時は、カメラでプロテクトされていない画像に表示されます。

    *2 カメラのメモリーカード内でプロテクトされている画像に表示されます。また、それらの画像をTransfer & Tagging add-onに取り込んだ後も、USB接続中に限り表示されます。ただし、カメラでおこなったプロテクト設定は取り込んだ後は反映されず、スマートフォン上では書き換えができるファイルとして扱われます。

    取り込む画像を選んで、画面右下の[取り込み]をタップします。複数選択する場合は、画像を長押ししてください。

    ご注意:

    • メモリーカード上の静止画のファイル名はPCアプリケーションなどで編集しないでください。
    • メモリーカード上に大量の画像が存在する場合、キャプション入力やFTPアップロードされるまで時間がかかる場合があります。
      この場合、本アプリケーションの[設定]で[取り込み対象]を[プロテクトがかかった写真のみ]にするか、[USB取り込み]の[自動取り込み]をオフにしてご利用ください。
    • 複数選択したまま他のアプリケーションを開いたり、端末をロックすると選択状態が解除されます。

2.2.2. iOSをお使いの場合

USBマスストレージ接続をおこなうには、以下の機材が必要です。

  • iPhone/iPadのLightning端子でカメラと接続するには、Apple社のLightning - USB 3 カメラアダプタを経由して、カメラのUSB Type-C端子またはマルチ/マイクロUSB端子を接続してください。直接接続してもカメラは認識されません。
  • Type-C端子のあるiPadの場合は、Type-CのUSBケーブルで接続できます。ILCE-9の場合はType-C端子がないので、Apple社のUSB-C - USBアダプタが必要です。
  • 画像の入ったSDカードをSDカードリーダーに挿入し、SDカードリーダーとスマートフォンを接続して取り込むこともできます。

取り込み時のご注意

  • HEIF画像の取り込みはできません。
  • 音声付きの画像の場合、画像は取り込めますが音声メモは取り込めません。
  1. メニュー[]→[取り込みガイド]→[有線で取り込む]→[USBマスストレージ接続]→[カメラから取り込む]を選択する。
  2. SDカードをカメラのスロット1に挿入し、1枚以上撮影する。
    • スロット2ではTransfer & Tagging add-onが認識しません。
  3. カメラを以下の通りに設定する。

    ILCE-7M4の場合
    あらかじめ、カメラとスマートフォンが接続されていないことを確認します。

    • MENU →(ネットワーク)→[転送/リモート]→[PCリモート機能]→[PCリモート]→[切]
    • MENU →(セットアップ)→[USB]→[USB接続モード]→[マスストレージ(MSC)]
    • MENU →(セットアップ)→[USB]→[USB LUN設定]→[シングル]
    • MENU →(セットアップ)→[USB]→[USB給電]→[切]

    その他のカメラの場合

    • MENU →(ネットワーク)→[スマートフォン操作設定]→[切]
    • MENU →(セットアップ)→[USB接続]→[マスストレージ]
    • MENU →(セットアップ)→[USB LUN設定]→[シングル]
    • MENU →(セットアップ)→[USB給電]→[切]
  4. カメラとスマートフォンをUSBケーブルで接続する。
    • 初回接続時には、アクセス権限のメッセージが出るので同意してください。同意しなかった場合は、後でiOSの[設定]から同意する必要があります。(iOSの[設定]→[プライバシー]→[ファイルとフォルダ]→[Transfer]をオンにする。)
  5. [カメラが接続されました。操作を選択してください。]のメッセージが出たら、取り込む場合は[手動取り込み]、設定を変更する場合は[カメラ接続時設定]を選択する
    • 手動取り込みの場合は、次の6に進んでください。
    カメラ接続時設定
    • カメラ接続時の挙動
      • ダイアログ表示(初期設定):カメラ接続時にダイアログ(メッセージ)を表示します。
      • 自動取り込み:[自動取り込み設定] で指定した画像で未取り込みのものを自動的に取り込みます。
      • 何もしない:接続時に何もおこないません。
    • 自動取り込み設定
      • 自動取り込みの対象を、すべての写真(初期値)またはプロテクトのかかっている画像のどちらにするかを設定します。
    USB接続状況の見かた
    • 1
      • カメラ未接続
      • カメラ接続中、画像取り込み中は点滅
    • 2この部分をタップすると、転送方法を切り替えることができます。
  6. 手動取り込みの場合は、取り込みたい画像を選んで [取り込み] をタップする。
    • [差分取り込み] を選ぶと、未取り込み画像や撮影時間による指定ができます。
    • [プロテクトのみ] にチェックを付けると、プロテクトのかかった画像だけを対象にすることができます。

2.3. Imaging Edge Mobile経由で取り込む

Imaging Edge Mobileを利用してスマートフォンに取り込んだ画像をTransfer & Tagging add-onに取り込みます。

Android 9.0またはそれ以前の場合

  1. メニュー[]→[取り込みガイド]→[Imaging Edge Mobile経由で取り込む]を選択する。
  2. [ImagingEdge Mobileアプリ連携]をオンにする。
  • Imaging Edge Mobileで取り込んだ画像(静止画)が、Transfer & Tagging add-onの画像一覧に表示されます。
  • 画像取り込み時に一括でIPTCメタデータを追加することはできません

Android 10の場合

  1. メニュー[]→[取り込みガイド]→[Imaging Edge Mobile経由で取り込む]→[Imaging Edge Mobileからの取り込み]を選択する。
  2. 取り込みたい画像を選択する。
    • 新たに撮影した画像だけがコピーされます。

iOSの場合

  1. メニュー[]→[取り込みガイド]→[Imaging Edge Mobile経由で取り込む]→[Imaging Edge Mobileからの取り込み]を選択する。
  2. 画像を選択して、[取り込み]をタップする。