ILCE-7RM4 フォーカス設定ガイド

被写体を追尾する(トラッキング)

狙いたい被写体を指定し、シャッターボタンを半押しするとカメラ任せで被写体を追尾させることができます。また、被写体が人物の場合、被写体の状況に応じて、フォーカス枠が顔や瞳の位置にシームレスに移動します。

トラッキングの開始位置をフォーカスエリアで指定する

[フォーカスエリア]の[トラッキング]で設定しているフォーカス枠を開始位置としてトラッキングを開始します。被写体に合わせて[トラッキング]を設定することで、ピンポイントで被写体を狙いたい場合や、高速で動く被写体の捕捉できる確率を高めたりすることができます。

複数の選手がいる状況や被写体が小さい場合には、[トラッキング]の設定を[フレキシブルスポットM]や[拡張フレキシブルスポット]に設定します。トラッキングを開始すると、周りの被写体の影響を受けずに、その選手にピントを合わせ続けられます。

周囲に被写体がなく、動きの激しい被写体をトラッキングしたい場合には[トラッキング]の設定を[ゾーン]や[ワイド]に設定します。背景にピントが移動する可能性が下がり、被写体を捕捉しやすくなります。

一時的に[フォーカスエリア]を[トラッキング]に切り換える

一時的に被写体を追尾する(押す間トラッキング)

あらかじめ、カスタムキーに[押す間トラッキング]を割り当てておくと、カスタムキーを押している間、一時的に[フォーカスエリア]の設定が[トラッキング]に切り替わります。 このときの[トラッキング]の種類は、[押す間トラッキング]を実行する前に設定していた[フォーカスエリア]の設定がそのまま引き継がれます。

例 :

[押す間トラッキング]実行前に設定していた[フォーカスエリア] [押す間トラッキング]実行中の[フォーカスエリア]
[ワイド] [トラッキング:ワイド]
[フレキシブルスポット: S] [トラッキング:フレキシブルスポット S]
[拡張フレキシブルスポット] [トラッキング:拡張フレキシブルスポット]

[押す間トラッキング]が有効なシーン

追従したい被写体が小さい場合や障害物などで見えない状況からの追従

  1. 被写体が遠く小さい時または障害物等で見えない状況では、[フレキシブルスポット]で追従
  2. 狙いの選手が迫ってきたら、シャッターボタンを半押しのまま[押す間トラッキング]を押す
  3. トラッキング中は、構図のバリエーションが可能

トラッキングを中断し[フレキシブルスポット]で被写体を追従したいとき

  1. [フレキシブルスポット]の位置を被写体を捉えやすい位置に設定。カスタムキーで設定した[押す間トラッキング]を押しながら「A」を追従する。
  2. トラッキングの対象を被写体を「B」に変えたい
  3. [押す間トラッキング]のカスタムキーを離し、予め設定しておいた[フレキシブルスポット]で「B」を追従。意図したタイミングで[トラッキング]と[フレキシブルスポット]の切換が可能。

トラッキングと[顔/瞳AF設定]の連携

あらかじめ、MENUで[顔/瞳AF設定]→[AF時の顔/瞳優先]→[入]に設定しておくと、トラッキングで被写体を追従中に被写体の顔や瞳が検出された場合、自動で顔または瞳にピント合わせが可能になります。スポーツ撮影やモデルが回転する動きのあるポートレートなどの撮影で有効です。

  1. 遠くの被写体をトラッキングしている。
  2. 被写体が近づき、顔を認識した場合、フォーカス枠は顔または瞳に移動する。