フラッシュメモリーの状態を診断する
パソコン用ソフトウェアMedia Scan Utility

SD Scan UtilityがCFexpressメモリーカードに対応し、Media Scan Utilityにバージョンアップしました。
対応SDメモリーカードの診断には従来のSD Scan Utilityもお使いいただけます。SD Scan Utilityは、こちらをご覧ください。

対応ソニー製メモリーカードは、こちら

メモリーカードに使われているフラッシュメモリーは、
データの書き換えを繰り返すことによって徐々に消耗するため、
書き換えできる回数には上限があります。

書き換え回数が上限に達すると、そのメモリーカードを使って撮影することができなくなります。フラッシュメモリーの状態が診断できれば、大切な場面を取り逃すなどのトラブルの予防に役立ちます。

あらかじめ本ソフトウェアをパソコンにインストールすることで、 対応するメモリーカードをパソコンに挿入するたびに自動的にフラッシュメモリーの状態を診断し、書き換え回数の上限に近づくと、注意を促すメッセージを表示します。

また、複数のメモリーカードがパソコンに接続された場合には、すべてのメモリーカードの診断結果を表示することができます。

ダウンロードはこちら

特徴01対応メモリーカードをパソコンに挿入する*だけで、
自動的にフラッシュメモリーの状態を診断

本ソフトウェアがインストールされているパソコンに対応メモリーカードを挿入すると、Media Scan Utilityがフラッシュメモリーの状態を自動的に診断し、結果を瞬時にタスクバーに表示します(手動で診断することも可能です)。

結果が「正常」であった場合にはタスクバー上にアイコンのみを表示するため、パソコンでの作業の邪魔になりません。

*あらかじめ本ソフトウェアをインストールしたパソコン。カードリーダーでもお使いいただけます。
*CFexpress Type A メモリーカードを診断する場合は、ソニー製カードリーダーMRW-G2が必要です。
*CFexpress Type B メモリーカードを診断する場合は、ソニー製カードリーダーMRW-G1が必要です。
*SDカードの診断はソニー製カードリーダー MRW-S1, MRW- E90をご使用いただくか、パソコンのカードスロットにメモリーカードを挿入してください。MRW-G2を使ったSDカード診断機能は2020年10月に対応予定です。

開く(O)終了(X)開く(O)終了(X)

特徴02わかりやすい診断結果表示

アイコンとシンプルなメッセージの表示により、診断結果をわかりやすくお知らせします。
タスクバー上(Macの場合は「メニューバー」上)に表示されているアイコンをクリックすることにより、メッセージ画面を表示することができます。
接続されているすべてのメモリーカードの診断結果を同時に表示することができます。

メッセージ画面例(Windowsパソコンでお使いの場合)メッセージ画面例(Macでお使いの場合)メッセージ画面例(Windowsパソコンでお使いの場合)メッセージ画面例(Macでお使いの場合)

特徴03警告メッセージの表示

書き換え回数が上限に近づくと、新しいメモリーカードの利用をお勧めするメッセージを自動的に表示します。(「メッセージを表示しない」設定にすることも可能です)
「メモリーの消耗が進んでいます」というメッセージが表示された場合は、新たにデータの書き込みを行うことは可能と思われますが、突然書き込みできなくなるトラブルが発生することを防ぐため、早めに新しいメモリーカードを利用されることをお勧めします。
「これ以上書き込みできません」というメッセージが表示された場合は、データ書き込みを行うことができなくなっています。新しいメモリーカードをお使いください。

警告メッセージ表示画面警告メッセージ表示画面


Media Scan Utility
ダウンロード

対応ソニー製メモリーカードは、こちら

Windows用

バージョン:2.1.0.7150
ファイル名:Media_Scan_Utility.zip
ファイルサイズ:88.8MB

Media Scan Utility
Windows用を
ダウンロード

macOS用

バージョン:2.1.0.08070
ファイル名:MediaScanUtility_ver2.1.0.dmg
ファイルサイズ:22.8MB

Media Scan Utility
macOS用を
ダウンロード

*macOSにインストールする場合、システムソフトウェアの読み込みを許可する必要があります。 詳細はここをクリックしてください。
*CFexpress Type A メモリーカードを診断する場合は、ソニー製カードリーダーMRW-G2が必要です。
*CFexpress Type B メモリーカードを診断する場合は、ソニー製カードリーダーMRW-G1が必要です。
*SDカードの診断はソニー製カードリーダー MRW-S1, MRW- E90をご使用いただくか、パソコンのカードスロットにメモリーカードを挿入してください。MRW-G2を使ったSDカード診断機能は2020年10月に対応予定です。

バージョンアップのお知らせ

Windows用:バージョン2.1.0.7150、
macOS用:バージョン2.1.0.08070
(2020年9月15日)
CFexpress Type Aメモリーカードに対応しました。
Windows用:バージョン2.0.0.7220、
macOS用:バージョン2.0.0.7230
(2020年1月8日)
CFexpressメモリーカードに対応し、Media Scan Utilityにバージョンアップしました。
バージョン1.0.2.09050
(2018年9月28日)
アップデートを確認する機能の問題を修正しました。
バージョン1.0.1.11270
(2017年12月18日)
インストールできる対象国を広げました。(既にインストール出来ている場合は更新の必要はありません)

対象ソニー製メモリーカード

SDメモリーカード:SF-G シリーズ、SF-G シリーズ TOUGH仕様、SF-M シリーズ TOUGH仕様
CFexpress Type A メモリーカード:CEA-G シリーズ
CFexpress Type B メモリーカード:CEB-G シリーズ

動作環境

対応OS
Windows
Windows 8.1 (32bit/64bit)
Windows 8.1 Pro (32bit/64bit)
Windows 8.1 Enterprise (32bit/64bit)
Windows 10 Home (32bit/64bit)
Windows 10 Pro (32bit/64bit)
Windows 10 Enterprise (32bit/64bit)
macOS
macOS 10.13~10.15
その他システム条件
CPU:標準搭載
メモリ:標準搭載
ディスプレイ:1024x768以上

*動作確認済みカードリーダー:MRW-S1, MRW-E90, MRW-G1, MRW-G2

ご注意

  • ・上記の OS が、工場出荷時に標準インストールされていることが必要です。
  • ・プリインストール以外のOSに変更されているパソコンや、自作パソコン、マルチブート環境での動作は保証いたしません。
  • ・上記の動作環境は、 Media Scan Utilityを単独で使用する場合の環境です。上記の動作環境を満たしていても、正常に動作しない場合があります。
  • ・CFexpress Type A メモリーカードを診断する場合は、ソニー製カードリーダーMRW-G2が必要です。
  • ・CFexpress Type B メモリーカードを診断する場合は、ソニー製カードリーダーMRW-G1が必要です。
  • ・対応SDカードの診断には従来のSD Scan Utilityも引き続きお使いいただけます。
  • ・SD Scan Utilityのダウンロード提供は終了しました。新たにインストールする場合はMedia Scan Utilityをお使いください。
  • ・SD Scan Utilityをご利用中の方はこちらをご覧ください

macOSにインストールする場合のご注意

*インストールはインターネットに繋いだ状態で行ってください。

[機能拡張がブロックされました]画面

1: Media Scan Utilityをインストール中に[機能拡張がブロックされました]ダイアログが表示されたら、「セキュリティ環境設定を開く」をクリックしてください。

※[セキュリティとプライバシー]は[システム環境設定]から開くこともできます。[システム環境設定]を開くには、画面左上のAppleアイコンをクリックし、[システム環境設定] をクリックしてください。

[セキュリティとプライバシー]画面

2:[セキュリティとプライバシー]ウィンドウが開いたら、ウィンドウ下部の「許可」をクリックしてください。

[セキュリティとプライバシー]画面

3:「開発元”Sony Storage Media Solutions Corporation”のシステムソフトウエアの読み込みがブロックされました」の項目が消えたら、ウィンドウを閉じてください。