ILME-FR7 本体ソフトウェアアップデート Ver. 2.00

ファイル名
Update_ILMEFR7V200.dat
ファイルサイズ
約 814 MB

アップデート内容

Ver. 2.00 公開日:2023-11-28

※常に最適な機能・性能をご使用頂くため、最新のソフトウェアをご利用ください

※以前のバージョンに関しての情報は、サービスに問合せをお願いいたします。

アップデートされた機能の使い方は、ヘルプガイド をご覧ください。

ご注意
Web AppのUIが変わっているため、アップデート後はWebブラウザーのキャッシュを削除してからご利用ください。

  1. VR/ARシステムのためのfree-dプロトコルに対応しました。
  2. マニュアルズームレンズを操作する3rdパーティーのレンズコントローラーに対応しました。
  3. プリセットポジションの復元時に、Pan-Tiltとズームを連動させることが可能なZoom Syncに対応しました。
  4. プリセットポジションの復元時に、ズーム/フォーカスのスピードをそれぞれ調節できるようにしました。
  5. プリセットポジションの復元時に、Web Appから停止できるようにしました。
  6. フレーミング操作を記録/再生する機能(PTZトレース)に対応しました。
  7. ソニー業務用カメラの分光特性に沿った色を再現するための新ルック709toneに対応しました。

    Web AppからScene Fileとして“709tone”を選択するには、カメラメニューの[Scene File]> [Preset Recall]で呼び出して任意のScene File番号に保存するか、Webメニューの [Maintenance]メニュー >[Reset]の[Factory Default]を実行する必要があります。

  8. Remote Control Panelsからのシャッター制御に対応しました。
    • リモートコントロールパネル
      RCP-1500/1501, RCP-1530, RCP-3100, RCP-3500/3501
    • マスターセットアップユニット
      MSU-1000, MSU-1500, MSU-3000, MSU-3500
    • カメラリモートコントロール
      HZC-RCP5, HZC-CSM10
  9. Camera IDとReel Number形式のファイル名に対応しました。
  10. 撮影モードにFlexible ISOとCine EI Quickを追加しました。
    • Flexible ISO : 撮影シーンに合わせたISO感度調節による露出設定でS-Log3素材を記録する
    • Cine EI Quick : Cine EIモードと同様にBase ISOで撮影されるが、設定したEI値に連動してBase ISOが自動で切り替わる
  11. 撮影モードがFlexible ISO/Cine EI/Cine EI Quickのとき、記録時に使用した基本ルックの3D LUTファイルを撮影データと同じメモリーカードに同時記録できるように対応しました。
  12. スロー&クイックモーション時にAFを使えるフレームレートが多くなりました。
  13. RTMP/RTMPS プロトコルに対応しました
  14. 操作性と動作安定性を向上しました。
Ver. 1.10 公開日:2023-05-31

※以前のバージョンに関しての情報は、サービスに問合せお願いいたします。

アップデートされた機能の使い方は、ヘルプガイド をご覧ください。

  1. Remote Control Pannelsからの制御に対応しました。
    • リモートコントロールパネル
      RCP-1500/1501, RCP-1530, RCP-3100, RCP-3500/3501
    • マスターセットアップユニット
      MSU-1000, MSU-1500, MSU-3000, MSU-3500
    • カメラリモートコントロールソフトウェア
      HZC-RCP5, HZC-CSM10
  2. PoE++から電源給電した場合の録画機能に対応しました。
  3. GENLOCKの入力基準信号として下記信号に対応しました。
    1920x1080 24.00P / 1920x1080 23.98P