使いかた

本ソフトウェアを使うと、IPTCメタデータ*を作成し、メモリーカードに書き出すことができます。

書き出された情報をカメラに登録すると、撮影時に画像にIPTCメタデータを付加することができます。

* IPTCメタデータとは、IPTC(International Press Telecommunications Council)によって策定された、デジタル画像に含まれるメタデータの標準規格です。
[IPTC Photo Metadata Standard : Copyright IPTC]
また、本ソフトウェアで使用するメタデータは、IPTCに定義されない項目も一部含みます。

操作概要

IPTC Metadata Presetは、IPTCメタデータをXMPファイル形式で取り扱い、ファイルの作成・保存・読み込み・メモリーカードへの書き出し操作を行います。

カメラへのIPTCメタデータの登録、静止画へのIPTCメタデータの書き込みの入/切はカメラ側で行います。

カメラ側の操作方法について詳しくは、IPTCメタデータに対応した機種のヘルプガイドをご覧ください。

操作概要のイラスト

IPTC Metadata Presetの操作

1 IPTCメタデータの入力・保存

2 メモリーカードへIPTCメタデータの書き出し

カメラの操作

3 カメラへのIPTCメタデータの登録

4 静止画へのIPTCメタデータの書き込み

ヒント

  • カメラとパソコンをUSB接続することで、IPTCメタデータをカメラ内のメモリーカードに転送することもできます。この場合は、カメラ側で[USB接続]を[マスストレージ]に設定したあと、IPTC Metadata Presetで[Export]ボタンを押してカメラ内のメモリーカードに保存してください。
  • ひとつのメモリーカードに保存できるIPTCメタデータはひとつだけです。

IPTCメタデータの入力

画像の詳細や、所有権、撮影場所などの情報を任意に入力します。

入力画面のスクリーンショット
  • Image Content

    画像の説明や記事の見出しなどを入力します。

    【項目】

    Caption/Description

    Caption/Description writer

    Headline

    Keywords *2

    Person shown *2

    Name of featured Organisation *2

    Code of featured Organisation *2

    IPTC Scene Code *2

  • Image Rights

    撮影者の名前や、画像の著作権を有する法人名などを入力します。

    【項目】

    Creator/Photographer *2

    Creator's Job Title

    Copyright Notice

    Credit Line

    Source

    Copyright Info URL

    Rights Usage Terms

  • Event and Location

    撮影イベント名や撮影場所などを入力します。

    【項目】

    Event

    City

    Sublocation

    Province/State

    Country

    ISO Country Code *1

    IPTC Subject Code *2

    Intellectual Genre

  • Locations Taken

    撮影場所などを入力します。

    【項目】

    Sublocation

    City

    Province or State

    Country Name

    Country ISO-Code *1

    World Region

  • Status

    画像への編集指示やステータスを入力します。

    【項目】

    Title/Object Name

    Job ID/Trans Ref

    Instructions

    Edit Status

    Category

    Supp Cat1

    Supp Cat2

    Supp Cat3

  • Contact Info

    画像の取扱い時の連絡先を入力します。

    【項目】

    Address

    City

    State/Province

    Postal Code

    Country

    Email(s)

    Phone(s)

    Web URL(s)

  • Licensing

    画像のライセンス情報を入力します。

    【項目】

    Copyright owner

    Image Creator

  • Models, Properties, and Artwork

    モデルの追加情報などを入力します。

    【項目】

    Additional Model Info

    Model age

*1 ISO Country Codeは、下記のいずれかの方法で入力できます(IPTC Metadata Preset Ver.1.1.00以降)。

  • プルダウンリストから、国/地域コード(3桁)を選択する
  • テキストボックスに、国/地域コード(2桁または3桁)を直接入力する

*2 Photo Mechanic等のPCアプリケーションで作成したIPTC情報「xmpファイル」を取り込んだ場合、「,」(コンマ)で区切られた最初の文言しか取り込まれない場合があります。

IPTCメタデータの読み込み・保存・書き出し

画面下部のボタンを使って、IPTCメタデータの読み込み・保存、メモリーカードへの書き出しなどの操作を行います。

本アプリで取り扱うデータはXMPファイルで「***.xmp」というファイル名で保存されます。

ボタンのスクリーンショット
  • Clear

    現在編集中のIPTCメタデータをすべてクリアします。

  • Open

    IPTCメタデータが書かれているXMPファイルを読み込みます。

  • Save

    作成したIPTCメタデータを任意のXMPファイル名でパソコンに保存します。

  • Export

    カメラに登録するIPTCメタデータをメモリーカードに出力します。

ご注意

  • IPTCメタデータの入力中に読み込み(Open)を行うと、作成中のデータは破棄され、新しく読み込まれたデータが表示されます。
  • 読み込もうとするIPTCメタデータがIPTC Metadata Presetで入力できる文字数より大きい部分はカットされます。
  • IPTC Metadata Presetで扱えるIPTCメタデータのみを読み込み、非対応のフィールド/データは読み込まれません。