Creators' Cloud

Q&A

困ったときは

「Remote Camera Tool」でカメラが認識されません。

  • [IPアドレス設定]が[オート]の場合(自動IPアドレス取得)
    • ルーターを使用しない場合は、あらかじめWi-Fiや他のネットワーク接続を切断してください。
    • 上記を試しても繋がらない場合は、固定IPアドレスでの接続をお試しください。
  • [IPアドレス設定]が[マニュアル]の場合(固定IPアドレスを使用)
    • カメラのMENU →[ネットワーク]→[有線LAN設定]で表示されるIPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイを参考に、パソコン側のネットワークのIPアドレス、サブネットマスク、ルーターを設定してください。

Network Configuration File を使⽤すると、毎回手動でIPアドレス等を入力する手間を省き、認識されないカメラの状態を確認することができます。
使いかた > カメラを接続する > Network Configuration File を使用する

接続したカメラが、デバイス選択画面に表示されません。

ファイヤーウォールがONになっていると、カメラが認識されない場合があります。以下のいずれかをお試しください。

  • セキュリティソフトの設定でファイヤーウォールをOFFにするか、Remote Camera Toolをファイヤーウォールの例外として登録してください。
  • ポートの設定を以下の通り変更して、通信できるようにしてください。
    • リモートポート
      • UDPポート:1900、32768~61000
      • TCPポート:64321、15740、60152
    • ローカルポート
      • UDPポート:1900、49152~65535
      • TCPポート:49152~65535

パソコンのShiftキーを押しながら[Refresh]ボタンを押すことでカメラが見つかる場合があります。お試しください。

メモリーカード記録中にカメラの電源が切れてしまい、再度電源を入れたら、Remote Camera Tool のライブビューの画像が表示されなくなった。

記録中にカメラの電源が切れたために、カメラの管理ファイルが破損しています。再接続まで数分お待ちいただくと、Remote Camera Toolが操作可能になりますので、AFボタンまたはCaptureボタンを押すと復帰できる場合があります。復帰後はできるだけすみやかに、カメラで [管理ファイル修復] をおこなってください。

連続撮影中のライブビューの更新間隔が遅い。(ILCE-1, ILCE-9M3)

カメラ操作画面で[Func]ボタンをクリックし、ファンクション画面の Common Settings にある Display Settings - Live View Transfer Protocol で通信方式をHTTPに切り替えることで改善できることがあります。