ILCE-7RM3

本体ソフトウェアアップデート Ver. 2.10


ご利用の端末からはシステムソフトウェアのダウンロードが行えません。WindowsまたはMac OSの動作するPCをご利用ください。
ご利用のPCで開けるメールアドレスをご指定ください

アップデート内容

Ver. 2.10
公開日:2018-12-18

※常に最適な機能・性能をご使用頂くため、最新のソフトウェアをご利用ください

  • 繰り返しお使いのSDカードでRAWデータの書き込み中にまれに動作が停止する事象を修正しました

    この動作停止に伴い、画像を管理しているファイルに異常が発生し、カメラ本体上で画像が表示されなくなる場合がありました。動作停止時に書き込み中だったデータを除き、メモリーカード内の撮影データが壊れたり、削除されたりすることはありません。

  • オートレビュー機能を使用中に撮影を行うと、まれに操作を受け付けなくなる事象を修正しました
  • 他社製メモリーカードの一部が本機で認識されないというメモリーカードに起因する問題への対応
Ver. 2.00
公開日:2018-10-10

アップデートされた機能の使い方はヘルプガイドを御覧ください

(1) SEL400F28GMおよびSEL24F14GMへの対応

  • 手ブレ補正性能の最適化及び手ブレ補正モードスイッチ(レンズ)のMODE3対応

    SEL400F28GMのみ

  • [ファンクションリング(レンズ)]設定メニューの追加

    SEL400F28GMのファンクションリングの機能として[パワーフォーカス]に加えて[APS-C S35/フルサイズ切替]機能の割り当てが可能になります。

  • [AF時の絞り駆動]設定メニューの追加。

    SEL400F28GMまたはSEL24F14GM装着時、 [AF時の絞り駆動]を[サイレント優先]に設定すると、絞り駆動音の発生がより抑制されます。静音性が求められる場でのご使用に有効です。このモードに設定すると、ピント合わせの速度が低下する場合があります。

(2) 機能追加

  • [カスタムキー(静止画)]に割り当てできる機能として[AF被写体追従感度]機能を追加
  • LA-EA3装着時にすべてのフォーカスエリアに対応

    選択可能なフォーカスエリアとして[ゾーン]・[拡張フレキシブルスポット]・[ロックオンAF] を追加します。

(3) 性能改善・動作安定性向上

  • RAW対応(階調再現性の向上)

    RAW現像を行うためにはImaging Edgeの最新版へアップデートが必要です。

  • フリッカ光源下での調光安定性向上
  • 連写グループ表示時の管理機能向上
  • その他
Ver. 1.10
公開日:2018-05-08
  • ピクセルシフトマルチ撮影の設定メニューにおいて[入:撮影間隔0.5秒]を追加

    ・PCと接続してお使いの場合、Imaging Edge Ver.1.2以上をご使用いただく必要があります
    ・マウントアダプター(LA-EA1/LA-EA2/LA-EA3/LA-EA4)をご使用の場合は撮影間隔が長くなる場合があります

  • [非圧縮RAW]記録時のサイレント撮影で、各種ブラケット撮影に対応
  • S-Log設定時のピーキング表示レベル調整
  • 特定の設定において、瞳AF機能が有効にならない事象の改善
  • [ファインダー明るさ]をマニュアルで設定した時、設定が正しく反映されないことがある事象の改善
  • その他動作の安定性向上
Ver. 1.01
公開日:2017-12-11
・「ファイル名設定」でファイル名の設定が正しく反映されない事象の改善
・その他動作の安定性向上