画像にスマートフォンの位置情報を記録する(iOS)

スマートフォン(タブレット)の位置情報をカメラに転送し、撮影した画像に位置情報を記録することができます。

さらに、カメラ本体の日付、エリア設定を自動的に補正することもできます。

対象製品

  • スマートフォン/タブレット (2019年3月時点)

    iPhone および iPad

    Androidスマートフォン、タブレットの場合は、以下のページをご覧ください。

  • デジタル一眼カメラ α(アルファ)

    ILCA-99M2, ILCE-6500, ILCE-6400, ILCE-9, ILCE-7RM3, ILCE-7M3

  • デジタルスチルカメラ サイバーショット

    DSC-HX99, DSC-WX-700, DSC-WX800, DSC-RX0M2, DSC-RX10M4, DSC-RX100M6

* 画面はα99M2(ILCA-99M2)とiPhone 5 を使用しています。
機種やiOSのバージョンにより一部画面が異なる場合があります。本ページの手順では、iOSスマートフォン/タブレットをiPhoneと記載しています。

  1. 最新版のImaging Edge Mobileをインストールします

    以下のページより、スマートフォンにImaging Edge Mobileをインストールしてください。すでにインストール済みの場合は、最新版にアップデートしてください。

  2. Imaging Edge Mobileに[位置情報連動]メニューを追加します

    Imaging Edge Mobileを起動し、カメラの画像をスマートフォンにWi-Fi転送すると、[位置情報連動]メニューが追加されます。

    すでに[位置情報連動]メニューが表示されている場合は、次の手順に進んでください。

    1. Wi-Fi転送する画像を選択します

      • ILCA-99M2、ILCE-6500の場合

        カメラのメモリーカードに記録された写真を再生し、[MENU]→[(ワイヤレス)]→[スマートフォン転送]→[カメラから選ぶ]→[この画像]を選択します。

      • ILCE-9の場合

        カメラのメモリーカードに記録された写真を再生し、[MENU]→[(ネットワーク)]→[スマートフォン転送]→[カメラから選ぶ]→[この画像]を選択します。

    2. カメラに表示されたQRコードを読み取ります

      カメラにQRコードが表示されたら、スマートフォンにインストールしたImaging Edge Mobileを起動し、[カメラのQRコード読み取り]をタップします。

      * Imaging Edge Mobile以外のQRコード読み取りアプリでは、正常に動作しません。

    3. iPhoneにプロファイル(設定情報)をインストールします

      * iOS 11.0以上でImaging Edge Mobile Ver.6.3をお使いの場合は、この操作は不要です。

      プロファイル画面が表示されたら、画面の指示にしたがい[インストール]をタップします。

      * お使いのiPhoneに画面ロックなどに入力するパスコードを設定している場合は、パスコードの確認画面が表示されます。iPhoneに設定している4桁(または6桁)のパスコードを入力して進めてください。

    4. インストール完了と表示されたら、[完了]をタップします

      「このページを”Imaging Edge Mobile”で開きますか?」と表示されたら、[開く]をタップします。

    5. 「インストールが完了したらホームの[設定]-[Wi-Fi]から・・・」と表示されたら、[OK]をタップします

      ホーム(○)ボタンを押してホーム画面に戻り、[設定]から[Wi-Fi]を有効にして、カメラに表示されているSSID「DIRECT-****(*は任意の英数字)」を選択します。

    6. カメラの画像をWi-Fi転送します

      ホーム画面に戻り、Imaging Edge Mobileを起動すると、カメラの画像がiPhoneにWi-Fi転送されます。
      「コピーが完了しました」と表示されたら、[OK]をタップします。

      * QRコードが正常に読み取れない場合は、NFCまたはSSIDとパスワードを入力してWi-Fi転送してください。

      Wi-Fi転送が完了すると、Imaging Edge Mobileのトップ画面に[位置情報連動]メニューが追加されます。

  3. カメラとスマートフォンをBluetooth接続(ペアリング)します

    Bluetoothの通信機能で、カメラとスマートフォンを接続(ペアリング)します。
    カメラでペアリングを待機した状態で、Imaging Edge Mobileでカメラと接続し、カメラで接続を許可します。

    1. iPhoneのBluetooth機能を有効にします

      [設定]から、[Bluetooth]を有効にします。

      * この画面で接続するカメラが表示されても、選択しないでください。

    2. iPhoneの位置情報サービスを有効にします

      [設定]から[プライバシー]をタップし、[位置情報サービス]を有効にします。

    3. カメラのBluetooth機能を有効にします

      MENU →[ワイヤレス / ネットワーク]→[Bluetooth設定]→[Bluetooth機能]を[入]にします。

    4. カメラからペアリングの待機をします

      MENU →[ワイヤレス / ネットワーク]→[Bluetooth設定]→[ペアリング]を選択します。

    5. Imaging Edge Mobileからペアリングするカメラを選択します

      Imaging Edge Mobileのトップ画面より、[位置情報連動]をタップします。
      [位置情報連動]を有効にした状態で[カメラを設定する]をタップし、ペアリングするカメラの製品名をタップします。

    6. カメラでペアリングを許可します

      ペアリングが正常におこなわれると、カメラにスマートフォン名(iPhone)が表示されます。
      [確認]を選択するとペアリングが完了します。

      * 正常にペアリングできない場合や、接続を許可しない状態で一定時間経過すると、Imaging Edge Mobileが切断されてしまいます。
      その場合は、ペアリングをやり直してください。

  4. カメラの位置情報連動設定を有効にして、スマートフォンの位置情報と連動します

    1. カメラの位置情報連動を有効にします

      MENU →[ワイヤレス / ネットワーク]→[位置情報連動設定]→[位置情報連動]を[入]にします。

      [位置情報連動設定]画面では、位置情報連動のほかに、以下の設定ができます。

      • 自動時刻補正:スマートフォンの情報を使って、カメラの日付設定を自動で補正します。
      • 自動エリア補正:スマートフォンの情報を使って、カメラのエリア設定を自動で補正します。
    2. Imaging Edge Mobileで位置情報連動が有効になっていることを確認します

      「[位置情報]を[入]にしてください。」と表示されたら[OK]をタップし、「位置情報の利用を許可しますか?」と表示されたら[許可]をタップしてください。

      ペアリングと位置情報連動の設定が完了すると、カメラと接続済みと表示されます。

      ペアリング済みのスマートフォンから、再度位置情報を取得するときは、以下の設定を確認してください。

      • スマートフォンの設定

        Bluetooth 機能:[設定]→[Bluetooth]を有効

        位置情報:[設定]→[位置情報]を有効

      • カメラの設定

        Bluetooth 機能:入

        位置連動連動:入

      • Imaging Edge Mobileの設定

        位置情報連動:入

    3. カメラに位置情報が連動されていることを確認します

      スマートフォンとカメラのペアリングが正常に完了すると、カメラに位置情報のアイコンが表示されます。
      正常にBluetooth接続されていると[Bluetooth接続中]が表示され、位置情報を取得すると[位置情報取得]が表示されます。

      正常に位置情報が取得できない場合は、アイコンが以下のように表示されます。

      Bluetooth
      アイコン
      位置情報
      アイコン
      原因 確認内容
      非表示 非表示 カメラの[Bluetooth機能]が[切]になっています。 カメラのBluetooth機能が入になっているか確認してください。
      Bluetooth切断
      Bluetooth切断
      非表示 カメラの[位置情報連動]が[切]になっています。 カメラの位置情報連動が入になっているか確認してください。
      Bluetooth切断
      Bluetooth切断
      位置情報取得無効
      位置情報取得無効
      Imaging Edge Mobileの[位置情報連動]が無効になっています。 Imaging Edge Mobileアプリを起動して位置情報連動が有効になっているか確認してください。
      Bluetooth接続中
      Bluetooth接続中
      位置情報取得無効
      位置情報取得無効
      スマートフォンの位置情報が正常に取得されていません。 スマートフォンの位置情報がカメラと連動するまでに1分ほど時間がかかる場合があります。1分経過しても位置情報取得できない場合はスマートフォンの位置情報が有効になっているか、またはスマートフォンの地図アプリでスマートフォンの現在地が測位されているか確認してください。
      • スマートフォンの画面が消えているときでも、Imaging Edge Mobileが起動していれば位置情報は連動しています。ただし、カメラの電源がしばらく切れていた場合、電源を入れても位置情報がすぐには連動しないことがあります。このようなときは、スマートフォンでImaging Edge Mobileアプリの画面を表示させるとすぐに位置情報が連動します。
      • スマートフォンの再起動後など、Imaging Edge Mobileが動作していない場合は、Imaging Edge Mobileアプリを起動すると位置情報連動が再開します。
      • 位置情報連動をオフにする場合は、以下のいずれかの操作をおこなってください。
        カメラでオフする場合 [MENU]→[ワイヤレス / ネットワーク]→[位置情報連動設定]→[位置情報連動]→[切]を選択します。
        スマートフォンでオフする場合 Imaging Edge Mobileを起動し、[位置情報連動]を無効にします。[位置情報連動]をオフにしたあと、アイコンが無効になるまでの間は、直前の位置情報が残っています。
    4. 位置情報を連動して撮影します

      位置情報が連動した状態で撮影をすると、画像に位置情報が記録されます。

      位置情報が記録された画像を再生すると、モニターの左下に緯度と経度が表示されます。

目次