マルチカメラコントロールで複数のカメラを操作する方法(Cyber-shot)

Imaging Edge Mobileを使うと、スマートフォンを使って複数のカメラをコントロールできます。接続方法には2種類あります。アクセスポイントを使う方法(アクセスポイント方式)と、スマートフォンとカメラだけを使う方法(グループオーナー方式)です。

対応カメラ: DSC-RX0, DSC-RX0M2

  • RX0とRX0M2の混在や、Action Camとの混在でのマルチカメラコントロールはできません。

アクセスポイント方式でのマルチカメラコントロール接続方法

スマートフォンとすべてのカメラをアクセスポイントにWi-Fiで接続し、アクセスポイント経由で通信します。最大50台のカメラを操作することができます。

DSC-RX0の場合は、本体ソフトウェア2.00以上が必要です。

DSC-RX0M2で6台以上の撮影をおこなうには、Imaging Edge Mobile 7.2以上が必要です。

  • (A):スマートフォン
  • (B):アクセスポイント
  • (C):カメラ(クライアント)

MENU → (ネットワーク)→[スマートフォン操作設定]→[クライアント時のアクセスポイント]より、(C):カメラを(B):アクセスポイントに接続します。

詳細はそれぞれのヘルプガイドをご覧ください。

(C)と(B)の接続が完了したら、(A):スマートフォンでImaging Edge Mobileを起動し、画面右上のから[設定]→[アクセスポイント経由でカメラと接続]をオンにしてください。

マルチカメラコントロールの操作方法については、以下のページをご覧ください。

グループオーナー方式でのマルチカメラコントロール接続方法

1台のカメラを「グループオーナー」に設定してスマートフォンにWi-Fiで接続します。そのほかのカメラは「クライアント」に設定して、グループオーナーにWi-Fiで接続します。最大で5台のカメラを操作できます。

このページでは、それぞれ以下のように記載しています。

  • (A):スマートフォン
  • (B):グループオーナー
  • (C):クライアント
  • グループオーナーまたはクライアントとして接続できるカメラは、「DSC-RX0」「DSC-RX0M2」のみです。混在はできません。
  • アクションカムのマルチカメラコントロール撮影と組み合わせることはできません。
  • スマートフォンとカメラを1台ずつ接続する場合は、手順2の方法で接続してください。

マルチカメラコントロールの接続方法

はじめて接続するときは、以下の手順にしたがい、マルチカメラの設定をおこないます。

このページでは、それぞれ以下のように記載しています。

  • (B):グループオーナー
  • (C):クライアント
  1. グループオーナーの事前準備をします

    はじめて接続する場合は、以下の手順に従って設定してください。
    すでにグループオーナーとクライアントが接続済みで、別のスマートフォンに接続したい場合は、手順2に進んでください。

    1. グループオーナーとして接続するカメラで、 MENU→(ネットワーク)→[スマートフォン操作設定]→[スマートフォン操作]を選択します。

    2. [スマートフォン操作]を[切]から[入]にし、[確認]を選択します。

    3. 接続方式]を押し、[シングル]から[マルチ(グループオーナー)]を押します。

    4. 「「接続情報」でスマートフォンと接続し・・・」と表示されたら、[確認]を選択します。

  2. スマートフォン(A)とグループオーナー(B)を接続します。

    このページでは、それぞれ以下のように記載しています。

    • (A):スマートフォン
    • (B):グループオーナー

    下の手順でスマートフォンに接続してください。

    1. スマートフォン操作を[入]にしたカメラで、[スマートフォン操作設定]→[接続情報]を選択すると、QRコードとSSIDが表示されます。

    2. スマートフォンにImaging Edge Mobileアプリをインストールします。最新のImaging Edge Mobileは、以下のページからダウンロードしてください。

      インストール済みの場合は、次の手順に進んでください。

    3. スマートフォンでカメラのQRコードを読み取ります。
      機種によって操作方法が異なります。

      Androidスマートフォン/タブレットの場合

      1. Imaging Edge Mobileを起動し、[カメラのQRコード読取り]をタップします。

      2. 「カメラのQRコード読取り」のメッセージが表示されたら、[OK]をタップします。
        Imaging Edge Mobileに写真と動画の記録を許可しますか?」と表示されたら、[許可]をタップします。

      3. カメラに表示されたQRコードをスマートフォンで読み取ります。
        スマートフォンの画面に、読み取りが完了のメッセージが表示されたら、[OK]をタップします。

      4. スマートフォンがカメラに接続されます。

      iPhone/iPadの場合

      この手順では、iPhone/iPadをiPhoneと記載しています。

      1. Imaging Edge Mobileの[カメラのQRコード読取り]をタップし、スマートフォンでQRコードを読み取ります。

      2. iPhoneの画面で[OK]をタップします。メッセージが表示されたら、再度[OK]をタップします。

      3. カメラに表示されたQRコードを、iPhoneで読み取ると、プロファイルの画面が表示されます。
        [インストール]をタップします。

      4. iPhoneにパスコードロックを設定している場合、パスコード(※)の入力が必要になります。

        ※ご自身で設定したiPhoneのパスコードを入力してください。

        画面の指示にしたがって、プロファイル(設定情報)をインストールします。

      5. プロファイル(設定情報)のインストールが完了したら、[完了]をタップし、「このページを"Imaging Edge Mobile"で開きますか?」と表示されたら、[キャンセル]をタップします。

      6. カメラに表示されたSSIDの名称を確認します。

      7. iPhoneのホーム画面→[設定]→[Wi-Fi]→5.で確認したSSIDをタップします。
        iPhoneとカメラのSSIDがWi-Fi接続されます。

      8. カメラのMENUボタンを押して、撮影画面にします。

      9. iPhoneのホーム画面に戻って、Imaging Edge Mobileを起動すると、カメラが接続されます。

  3. クライアントの事前準備をします

    1. クライアントとして接続するカメラで、 MENU → (ネットワーク)→[スマートフォン操作設定]を選択します。

    2. [スマートフォン操作]を[切]から[入]にし、[確認]を選択します。

    3. 接続方式]を押し、[シングル]から[マルチ(クライアント)]を選択します。

    4. 「アクセスポイントに設定してください・・・」とメッセージが表示されたら、[確認]を選択します。

  4. グループオーナーとクライアントを接続します

    1. クライアントの操作

      MENU → (ネットワーク)→[スマートフォン操作設定]→[クライアント時のアクセスポイント]→[確認]を選択します。

    2. クライアントの操作

      [クライアント時のアクセスポイント]より、[WPSプッシュ]を押し、「2分以内にアクセスポイントの・・・」と表示されたら、2分以内にの操作をおこないます。

      2分以上経過してしまった場合は、再度同じ操作をおこなってください。

    3. グループオーナーの操作

      MENU → (ネットワーク)→[スマートフォン操作設定]→[WPSプッシュ]を選択します。

    4. クライアントの操作

      クライアントの画面に「登録しました」とグループオーナーのSSIDが表示されたら、[確認]を選択します。

    5. グループオーナーの操作

      接続が完了すると、グループオーナーの画面に「クライアントカメラの追加を続けますか?」と表示されます。他にクライアントを接続しない場合は、[キャンセル]を選択してください。

      クライアントを追加する場合は、[確認]を選択して、手順から—までの操作を繰り返してください。

    6. グループオーナーとクライアントが接続されていることを確認します。

      クライアントの撮影画面に、白いが表示されたら接続完了です。

      iPhone/iPadの場合は、2. - 3. iPhone/iPadの場合のⅶ.からⅷ.をおこなってください。

  • 2回目以降はこの設定は不要です。電源を入れ直すと、グループオーナーとクライアントが自動的に接続されます。
  • すでにマルチ接続済みのカメラにクライアントを追加するときは、前回グループオーナーとしたカメラを再度グループオーナーにすると、そのままクライアントを追加できます。
  • グループオーナーの変更後や、グループオーナーで[SSID・PWリセット]や[機器名称変更]をした場合は、再度[黒1]からグループオーナーとクライアントの設定をおこなう必要があります。

マルチカメラコントロールの撮影方法

スマートフォンとマルチカメラが接続できたら、さっそく撮影をしてみましょう。
マルチカメラコントロールの操作方法については、以下のページをご覧ください。

  • 水中ではWi-Fi接続はできません。
  • 電波環境やスマートフォンの性能によっては、スマートフォン上でライブビュー映像がなめらかに表示されない場合があります。
  • [スマートフォン操作]が[入]のとき、カメラのバッテリー消費は早くなります。[スマートフォン操作]を使わないときは、[切]に設定してください。
  • MENU操作中は、Wi-Fi機能が一時的に切断されます。一定時間内にMENUを閉じると、自動的に再接続されます。

目次