目次

3. Transfer & Tagging add-on での操作

3.1. 画像の閲覧

画像一覧で画像を選択すると、以下のように最大倍率まで表示が拡大されます。
拡大時は <  > をタップすることで画像送りができます。
  • 「未取り込みの画像」の場合、[キャプション編集画面]は表示されません。

画像一覧

キャプション編集画面

画像拡大表示

最大倍率表示

3.2. キャプション追加

選択した画像へキャプションを追加する際、音声入力やテンプレート、ショートカット機能を使って素早く追加することができます。[キャプション編集]画面で操作します。

3.2.1. 音声入力

]ボタンをタップすると、音声でテキストを入力できる。
  • Googleサービスがご利用いただけない場合は、本機能はお使いいだけません。その場合、キーボード入力をご利用ください。

3.2.2. 音声メモのテキスト化(ILCE-1/9M2のみ)

カメラ本体で記録した音声メモを画像と一緒に取り込むと、Transfer & Tagging add-onで自動的にテキストに変換され、キャプションの末尾に挿入されます。

メニュー[]→[設定]→[取り込み]→[音声メモの自動キャプション付与]をオンにする。

  • 1 テキストに変換された音声メモ
  • 2 再生ボタン:音声の再生を行います。
  • 3 コピーボタン:テキスト内容をクリップボードにコピーします。
    テキスト全体もしくは一部を、すぐ下のCaption/Descriptionエリアにペーストして、必要に応じて編集してください。

ご注意:

音声メモをテキスト化する場合は、「2.1. カメラのFTP転送機能によるワイヤレス画像取り込み」または「2.3. USB接続による画像取り込み」のどちらかで画像を取り込んでください。

3.2.3. キャプションテンプレート

入力するキャプションをあらかじめ作成しておき、キャプションテンプレートとして保存する。

テンプレートの新規作成

メニュー[]→[キャプションテンプレート]を選択。[+]をタップして、テンプレートにしたいキャプションを入力する。
テンプレートは最大50件まで保存可能。

テンプレートを呼び出して、キャプションを入力する

キャプション編集画面の[テンプレート]をタップし、希望のテンプレートを選択してください。

テンプレートの編集と削除

メニュー[]→[キャプションテンプレート]を選択。対象キャプションテンプレートの[]をタップし、編集・削除を行う。

3.2.4. キャプション用語集(ショートカット機能)

登録された単語をすばやくキャプション入力できます。
また、音声入力時の認識精度が向上します。専門用語などを正確に入力したい場合に使用してください。

キャプション用語集を新規に作成する

メニュー[]→[キャプション用語集]を選択。[キャプション用語集タイトル]を入力し[新規作成]をタップする。


次に、新規作成したキャプション用語集を選択、[+]をタップして[用語][読み][ショートカット]をそれぞれ追加する。

キャプション用語集を有効にする

メニュー[]→[キャプション用語集]を選択。有効にしたい用語集の[] をタップし、使用する用語集を選択する。

Transfer & Tagging add-on Ver.1.1以降では、同時に複数の用語集を有効にすることができます。

ショートカット機能でキャプション入力

ショートカットを登録しておけば、キャプション入力時に入力候補として表示され、素早く入力できます。

  • 例えばスポーツ撮影の場合、選手の背番号や読み仮名から選手名を簡単に入力できます。

ヒント:

  • キャプション用語集はジャンルで分類しておくこともできます。
  • キャプション用語集はPCで作成することもできます。詳しくは、4. オンライン機能の使い方 を参照ください。

ご注意:

  • 「読み」を入力していないと、ひらがなで入力した際に変換候補に用語集に登録した用語が表示されません。

3.2.5. 用語集の同期

初期設定では、用語集はオンラインサービスと自動同期していますが、以下の設定で自動同期を解除できます。

メニュー[] → [設定] → [自動同期]

この場合、メニュー[] →[キャプション用語集] → 同期アイコンをタップすることで、 任意のタイミングでオンラインサービス上の用語集と同期できます。

3.3. IPTCメタデータプリセット追加

IPTCメタデータプリセットを事前に作成しておくことで、画像取り込み時に一括で追加したり、取り込んだ後に追加もできます。
IPTCメタデータプリセットは最大50件まで保存できます。

3.3.1. IPTCメタデータプリセットを新規作成

メニュー[]→[IPTC メタデータプリセット]を選択。[+]をタップして各項目を入力する。

3.3.2. パソコンで新規作成してインポートする

PCアプリケーション「IPTC Metadata Preset」を使って作成したIPTC情報「xmpファイル」をスマートフォンに取り込むことができます。

Androidの場合

  1. スマートフォンをPCに接続して、スマートフォン内に対象のxmpファイルを保存する。
  2. メニュー[]→[IPTCメタデータプリセット]→[]→[XMPファイルのインポート]、 スマートフォンに保存した対象のファイルを選択し、IPTCメタデータプリセットとして取り込み・保存する。

iOSの場合

  1. 対象のxmpファイルを、メール添付しスマートフォンに送信、もしくはAirDropで送信する。
  2. スマートフォンで受信したファイルをタップ(Gmailの場合は長押し)して、Transfer & Tagging add-onで開く。

    ヒント:

    [取り込み時にIPTCメタデータを埋め込み]を[オン]にしておけば、画像取り込み時に一括でIPTCメタデータを追加できます。
    [設定]→[取り込み時にIPTCメタデータを埋め込み]で追加したいIPTCを選択してください。

    ご注意:

    • IPTC Metadata Preset で作成したIPTC情報 「xmpファイル」の場合、以下のタグは読み込めません。

      Licensing

      [Items]
      Copyright owner
      Image Creator

      Models, Properties, and Artwork

      [Items]
      Additional Model Info
      Model age

3.3.3. IPTCメタデータを編集・削除する

メニュー[]→[IPTC メタデータプリセット]を選択。表示される画面で、プリセットの[]をタップし、編集、削除を行う。

フィールドの表示・非表示の切り替え

使用するメタデータのフィールドを編集し、使用しないフィールドが現れないようにできます。

メニュー[] → [設定] → [メタデータ編集] → [IPTCフィールド設定] → 非表示にする項目のチェックを外す

3.4. 画像の編集

  1. キャプション編集画面、もしくは画像拡大表示で[編集]をタップする。
  2. 縦横比やサイズなどを調整し、[コピーを保存]をタップする。
  • HEIF画像は画像の編集には対応しておりません。
  • 傾き補正の場合、+-ボタンで傾きの微調整ができます。

3.5. 画像の削除

本アプリでスマートフォンに取り込んだ画像とFTP取り込み/アップロード履歴を削除します。
なお、キャプション用語集やIPTCメタデータプリセット、キャプションテンプレートなどは削除されません。

メニュー[]→[データを削除]を選択。

画像を選択して削除する

サムネイル一覧で削除したい画像を長押し → 右下の[…] → 削除を選択します。