目次

5. FTPアップロード

5.1. FTPアップロード

5.1.1. FTPアップロードプリセット

事前にFTPアップロードの設定(FTPアップロードプリセット)をしておくことで、FTPサーバーへの送信をスムーズに行います。
アップロード時のファイル名の変更ルールもここで設定できます。FTPアップロードプリセットは最大30件まで保存できます。

  • FTPアップロードプリセットの新規作成

    メニュー[]→[FTPアップロードプリセット]を選択する。[+]をタップして必要項目を入力する。

    [保存先パス]

    FTPサーバー上のホームディレクトリから、相対パスで保存されます。

    [転送モード]

    FTPアップロードが正しく実行できない場合、転送モードを変更することで改善することがあります。

    [アップロード時にファイルをリネーム]

    アップロードした際に、対象のファイルを識別できるように、独自にファイル名称を決めることができます。

    ファイル名称は、固定文字列と連続した番号から構成されます。
    例:Sony0001, Sony0002, …

    メニュー[]→[FTPアップロードプリセット]の中の[アップロード時にファイルをリネーム]を[オン]にしてください。
    [ファイル名パターン]欄に、任意のアルファベット・数字・記号を記入する。

    • 最大 251文字まで入力可。また、次の記号は使用できません。(¥/:*?"<>|)
    • 番号を入れたい場所に「#」を入れてください(必須)。

    [開始番号(桁数も指定)]欄に、開始する番号を入力する。

    • アップロードするファイルごとにカウントアップします。
    • 最大8桁まで指定できます。初期値:「0001」
    • 初期設定(4桁)のままだと、9999まで到達すると0001に戻ります。
    • ファイル名を変更すると、カウントはリセットされます。

    * この設定は、[FTPアップロードプリセット]ごとに設定が可能です。
    複数の場合はそれぞれに設定してください。

  • FTPアップロードプリセットの優先設定

    複数のFTPアップロードを設定している場合、優先させたいサーバーをデフォルトとして設定しておくことができます。
    「メニュー」→[FTPアップロードプリセット]を選択する。デフォルトにしたいサーバーの[]を選択し、[デフォルトに設定]でチェックを付ける。

  • FTPアップロードの編集・削除

    メニュー[]→[FTPアップロードプリセット]を選択。対象のFTPアップロード設定の[]を選択し、編集・コピー・削除を行う。

5.1.2. 接続の確認

準備したFTPアップロードプリセットを開き(新規作成画面もしくは設定編集画面)、[接続の確認]をタップすると、サーバーとの接続状態を事前に確認できます。

5.1.3. FTPアップロードプリセットをカメラに書き込む(ILCE-1/9M2/7SM3/7C/7M4/7M3のみ)

Bluetoothを利用して、Transfer & Tagging add-onのFTPアップロードプリセットをカメラに書き込むことができます。カメラ側に入力する手間が省けます。

  • Imaging Edge Mobileの[位置情報連動]が[入]の場合はこの機能は使用できません。あらかじめ[切]にしてください。
  1. Camera
    1. メニュー →(ネットワーク)→[Bluetooth]/[Bluetooth設定]→[Bluetooth機能]→[入]にする。
  2. Smartphone
    2. メニュー[]→[FTPアップロードプリセット]を選択する。
  3. Smartphone
    3. カメラに書き込むFTPプリセットの[]をタップし、[カメラに書き込む]を選択する。
  4. Smartphone
    4. 注意文が表示された場合、内容を確認して、[OK]を押す。
  5. Smartphone
    5. 接続するカメラが表示されることを確認する。
  6. Camera
    6. メニュー →(ネットワーク)→[Bluetooth]/[Bluetooth設定]→[Bluetooth機能]→[ペアリング]を選択する。
  7. Smartphone
    7. 接続するカメラに[ペアリング]と表示されるので、それをタップする。
  8. Camera
    8. [この機器からの接続を許可しますか?]表示されるので、[確認]を押す。

    • ペアリングが開始され、カメラのFTPサーバー設定が表示されます。9個まで保存できます。

  9. Smartphone
    9. 使用されていないサーバーを保存先として選択する。

    • FTPアップロードプリセットがカメラに保存されます。

5.1.4. アップロードする

画像一覧から画像を選択し、キャプション編集画面で[FTP]をタップする。送信先のサーバーを確認し、[アップロード]をタップする。

この時、

  • [音声メモを添付]にチェックを入れると、音声メモを添付してアップロードします。
  • [ファイルサイズを縮小]にチェックを入れると、ファイルを圧縮、または画像サイズの縮小を行うことができます。
  • HEIF画像のサイズ変更はできません。

画像一覧で画像を長押しすると、複数の画像が選択できます。[すべて選択]をタップするとすべて(最新画像から最大500枚)が選択できます。選んだ画像はまとめてアップロードできます。

5.1.5. 自動FTPアップロード

事前に自動FTPアップロード設定を行っておけば、画像取り込み後に自動でアップロードを行います。

  • メニュー[]→[設定]→[サーバへの自動FTPアップロード]→[取り込み後、自動でアップロードする]をオンにしてください。
  • [アップロード先]、[音声メモを添付]、[ファイルサイズを縮小]をあらかじめ設定しておく必要があります。

5.1.6. アップロード状態を確認する

画像一覧表示にて[FTPアップロード履歴]をタップすると、詳細を確認できる。

FTPサーバーへのアップロード状態

・・・アップロード中

・・・アップロード待機中

・・・アップロード完了

・・・アップロードエラー

FTPアップロード状態のアイコン表記

5.1.7. アップロード失敗後の再アップロード

[FTPアップロード履歴]をタップすると、アップロードした画像が以下の通り色分けされます。画像を手動選択(または全選択)して、再度アップロードすることができます。

A(黒背景):アップロード成功

B(赤背景):アップロード失敗

C(灰色背景):アップロードキャンセル

D:フィルターON/OFF: フィルターをONにすると、キャンセルした画像のみ表示、アップロード失敗した画像のみ表示、その両方を表示の3つが選択できます。対象となる画像は、同じ送信先で、最後に送信した履歴でのキャンセル画像やアップロード失敗画像となります。

E:すべて選択:表示されている画像すべてを選択します。(最大500画像)

F:選択した画像をアップロードします。

5.2. SNS共有

Facebook や Instagram など、スマートフォンにインストールされたSNSアプリを使って、静止画を共有することができます。

  • SNS共有とエクスポート機能は、HEIF画像には対応しておりません。
  • Androidの場合

    画像一覧で画像を選択し、キャプション編集画面から[共有]をタップする。

    • [アップロードする]欄での説明と同様に、必要に応じて[音声メモを添付]・[ファイルサイズを縮小]設定を行ってください。
    • [共有先の選択]をタップし、共有するアプリケーションを選択してください。
  • iOSの場合

    画像一覧で画像を選択し、画面下の[...]から[共有]をタップする。また、[共有]以外に[エクスポート][削除]も選択可能。

    ヒント:

    画像一覧で画像を長押しすると、複数の画像が選択できます。[すべて選択]をタップするとすべて(最新画像から最大500枚)が選択できます。選んだ画像はまとめて共有できます。