概要とホーム画面

Imaging Edge Desktopは、ソニーのデジタルカメラで創作活動をするためのアプリケーションです。RAW画像をパソコン上で調整・現像したり、パソコンからリモート撮影(テザー撮影)をおこなったりするために、“Viewer”、“Edit”、“Remote”の3つの機能を備えています。

Viewerは、画像の閲覧や検索に適しており、レーティングによる絞り込みができます。タイムラプス動画の作成もここでおこないます。

Editは、画像の明るさや色味などの調整のほか、クリエイティブスタイルの設定や画像のトリミング、傾き補正などを行うことができます。また、使用目的に合わせて、調整を行った画像をJPEGまたはTIFFに変換することができます。

Remoteでは、カメラとパソコンをWi-FiまたはUSBで接続し、パソコンから設定や撮影をおこないます。撮影画面がパソコンの画面にライブビューで表示され、撮影設定を変更しながらシームレスに撮影することができます。

また、イメージセンサーを1画素または半画素分ずつずらして撮影した、4枚または16枚の画像を合成する高解像撮影(ピクセルシフトマルチ撮影)にも対応しています。【詳細

ホーム画面

ホーム画面
  • A お知らせ

    Imaging Edge に関するお知らせが配信されます。

  • B 設定

    Imaging Edge Desktopに関する各種設定をおこないます。

  • C サインイン

    Imaging Edge メンバーシップに登録・サインインします。

    • マイページを開く際には、再度サインインが求められます。
    • 登録しなくてもImaging Edge Desktopの使用は可能です。
  • D ダウンロード/アップデート

    [ダウンロード]:Remote/Viewer/Edit がまだインストールされていません。ダウンロードしてインストールしてください。
    [アップデート]:Remote/Viewer/Edit がアップデートできます。
    表示がない場合 :Remote/Viewer/Edit の最新版がインストールされています。

  • E 起動

    Remote/Viewer/Edit をそれぞれ起動します。

Remote/Viewer/Editの切り換え

Remote/Viewer/Editの起動後は、画面左上の切り換えボタンで他の機能に切り換えることができます。

Viewer

Viewer

Edit

Edit

Remote

Remote

Imaging Edge Desktopで扱える画像

Imaging Edge Desktopでは、ソニー製デジタルカメラなどで撮影、またはパソコンの画像処理ソフトウェアで作成した、以下の画像を表示することができます。

  • JPEGファイル
  • TIFFファイル
  • RAW(ARW/ARQ)ファイル

ご注意

  • HEIF画像はViewer/Editでの閲覧と編集には対応しておりません。Remoteではオーバーレイ表示など一部の機能が使えません。
  • HEIFファイルををJPEG/TIFF形式に変換する場合は、HEIF Converterをご利用ください。 HEIF Converter
  • Editにはピクチャープロファイルを編集する機能はありません。ピクチャープロファイルを設定してRAW画像を撮影し、それをViewer/Editで開いた場合、ピクチャープロファイルの設定は正確には反映されません。また、機種によっては [白黒] が反映されず、カラーで表示されます。

ヒント

  • 本アプリケーションでRAW画像の編集を行っても、変更されるのは設定ファイルのみであり、オリジナルの画像データそのものには変更を加えません。そのため、くり返し編集を行っても画像が劣化することはありません。

目次