ピクセルシフトマルチ撮影とは

「ピクセルシフトマルチ撮影」では、ソニーαシリーズの手ブレ補正機構を応用し、イメージセンサーを1画素または半画素分ずつずらして、4枚または16枚のRAW画像を撮影します。これらの画像をImaging Edge(Viewer)で合成することで、通常の撮影では実現できない高解像の画像を生成します。美術品や建築物などの静止物を撮影する場合に効果的です。
Remoteで撮影し自動で合成する方法と、カメラ単体で撮影したあとパソコンに画像を取り込んでViewerで合成する方法とがあります。

「ピクセルシフトマルチ撮影」に対応した機種は、以下をご覧ください。
対応機器

撮影の流れ

設定・操作方法は、機種によって異なります。以下をご覧ください。

本アプリでリモート撮影をする場合

  1. 撮影前の調整

    Remoteのライブビュー画面で確認しながら、構図、フォーカス、露出などの撮影設定を行います。

    • 撮影枚数を1枚にして撮影すると、本撮影の前に仕上がりイメージを確認できます。
  2. 本撮影

    撮影間隔を設定して、本撮影を行います。

  3. 画像の合成

    撮影が終わると、合成前のRAWデータ(ARW)がパソコンに転送され、自動で合成RAWデータ(ARQ)がパソコン上に生成されます。

  4. 調整、現像

    EditでRAWデータの調整を行い、JPEGなどに現像することができます。

カメラで撮影後に本アプリで合成する場合

  1. カメラ単体でピクセルシフトマルチ撮影をする

  2. パソコンに画像を取り込んだあと、Viewerで合成するピクセルシフトマルチ撮影画像(ARW)を選択する

  3. 画像の合成

    画像が合成され、RAWデータ(ARQ)が生成されます。

  4. 調整、現像

    EditでRAWデータの調整を行い、JPEGなどに現像することができます。

目次