Imaging Edge Desktopで扱える画像

Imaging Edge Desktopでは、ソニー製デジタルカメラなどで撮影、またはパソコンの画像処理ソフトウェアで作成した、以下の画像を表示することができます。

  • JPEGファイル
  • TIFFファイル
  • RAW(ARW/ARQ)ファイル
  • HEIFファイル

ご注意

  • Editにはピクチャープロファイルを編集する機能はありません。ピクチャープロファイルを設定してRAW画像を撮影し、それをViewer/Editで開いた場合、ピクチャープロファイルの設定は正確には反映されません。また、機種によっては[白黒]が反映されず、カラーで表示されます。

RAWファイルについて

  • 本アプリケーションでRAW画像の編集を行っても、変更されるのは設定ファイルのみであり、オリジナルの画像データそのものには変更を加えません。そのため、くり返し編集を行っても画像が劣化することはありません。

HEIFファイルについて

  • Imaging Edge DesktopでHEIFファイルを閲覧・編集するには、HEIF機能拡張が必要です。HEIFファイルを開く際に「[ヘルプ]>[HEIF 拡張機能のインストール]からインストールしてください。」のメッセージが出たら、Viewerの[ヘルプ]から[HEIF拡張機能のインストール]を選び、指示に従ってインストールしてください。
  • HEIFファイルを編集した場合、HEIFのまま保存はできません。JPEGまたはTIFFに変換して保存してください。
  • [HLG静止画]設定を[入]で撮影したHEIF画像をJPEG/TIFFに変換する場合、そのまま変換するとハイライト領域の階調が飛んでしまいます。「HLG静止画のハイライト階調を残すガンマを適用する」にチェックを入れてからJPEG/TIFFに変換すると、ハイライトの白飛びを抑えることができます。

目次