タイムラプス動画作成

インターバル撮影の画像を使って、タイムラプス動画が作成できます。

  • インターバル撮影でない画像でも、タイプラプス動画作成を行なうことは可能です。
  • Windows版とMac版でできる機能が異なります。Windows版でタイムラプス動画を作成するには、パソコン用画像管理ソフトウェア <PlayMemories Home> が必要です。

タイムラプス動画作成手順

操作方法ご紹介ムービー(Windows用)

ヒント

  • 字幕の言語を変更するには、画面右下の (設定)>字幕>自動翻訳、から希望の言語を選んでください。
  • 動画中の画面は英語を使用しています。

1.タイムラプス動画作成

Viewerを使って、タイムラプス動画を作成したい画像を選択します。

動画作成に使用できる画像は、JPEG画像またはRAW画像です。ただし、動画編集に使用できる画像はJPEG画像のため、RAW画像はJPEG画像に変換されます。

  1. Viewerを起動する。

  2. 画面右上の [サムネイル表示]* を選択 → フォルダを選ぶ → ファイル形式等で表示させる画像に絞り込みをかける → 画像を15枚以上選択する。

    タイムラプス動画は撮影日時順で作成されます。

    * [比較表示]画面で画像を選択してもタイムラプス動画は作成できません。

  3. ツールバーから、[ツール]→[タイムラプス動画の作成]を選択する。

    大量の画像を選択した場合、処理に時間がかかることがあります(数千枚で数分程度)。
    「処理中」の表示が出た場合、しばらく時間をおいて再度お試しください。

  1. [出力方法]*、[保存方法]、[トリミング]を設定 →[次へ]をクリックする。

    * [出力方法]は、RAW画像を選択した場合に設定してください。

    ヒント

    • 横縦比]を16:9で撮影した場合、[トリミング]の[縦横比]を[撮影設定に従う]に設定すると、作成した動画の左右には黒い帯が表示されないのでおすすめです。
    • 作成したタイムラプス動画の色空間はsRGBになります。
  2. [次へ]をクリックする。

    画像選択が完了しました。タイムラプス動画の編集画面が起動します。

  1. [現像設定]* 、[静止画保存設定]、[タイムラプス動画の出力設定]を設定 →[保存]をクリックする。

    * [現像設定]は、RAW画像を選択した場合に設定してください。

    ヒント

    • 横縦比]を16:9で撮影した場合、[トリミング]の[縦横比]を[撮影設定に従う]に設定すると、作成した動画の左右には黒い帯が表示されないのでおすすめです。
    • 作成したタイムラプス動画の色空間はsRGBになります。
  2. [閉じる]をクリックする。

    タイムラプス動画の作成が完了しました。

2.タイムラプス動画編集(Windowsのみ)

起動した編集画面で動画編集を行います。

  1. 編集画面で動画の編集を行い、編集が完了したら[次へ]を選択する。

    • A タイムラプス設定

      作成するタイムラプス動画のフレームレートを選択できます。

      BGM 選択

      動画に挿入するBGMを選択します。

      BGM 設定

      BGM音量を調整します。

    • B タイムライン

      結合する写真のサムネイルが表示されます。左から右の順で結合されます。
      動画にエフェクトをかける際、下段のタイムラインで調整します。

    • C エフェクト

      切り出し、文字の追加などのエフェクトを追加できます。

    • D プロジェクトの保存

      編集中のプロジェクトを保存できます。

  2. 作成した動画を保存する。

    • ファイル名と保存先

      保存する動画のファイル名の入力、保存先の選択ができます。

    • 形式

      保存する動画の形式を選択できます。

      [ご注意]

      入力する素材や編集内容またはPC環境により、選択できる保存形式が変わる場合があります。

  3. プレビュー画面が表示される。

    作成した動画をアップロードすることも可能です。お住まいの地域により、表示が異なる場合があります。

目次